スプリングステージ
第2節。DIVISION1
…は早くも…

2017/04/25

告知

・第8回北海道チャンピオンズカップが6月24日(土)に開催されます!

奮ってご参加下さい。

ルールは正式なものにのっとり行われますので、装飾品(ピアス、

ネックレス等)、ビブス着用義務など各自でお気を付け下さい。


・「リベルダージ北海道」及び、全国大会に興味がある方は

サポーターサイトをご覧ください。

http://hssc2012.wixsite.com/home


又、フットサル好きな方への個人的なお知らせになりますが

5/18(木)~5/21(日)に北海きたえーるにて

「sfidaFリーグオーシャンカップ2017 in 北海きたえーる」

という大会が行われます。

Fリーグ全チームによるカップ戦でなんと最初の2日は無料!!

プロのチームを間近に見られる機会なので楽しみです。

http://www.espolada.com/news/news_detail.php?id=2077


さて雪が解け「蹴」へ向かう足取りも軽くなってきた。

今日はDIVISION1は優勝争い、降格争いに注目していたが、

結果は意外な結果に終わった。

今回も動画取りましたので、ご覧ください。


DIVISION1

『エスポワールL』が4連勝!最終節を残し優勝決定!

ちなみに『アリアンサ』の吉岡選手に決められるまで無失点だった(驚愕)

選手層が厚く2チーム作れそうで、皆戦術理解が深い。

この日は榎本選手のシンプルで有効的なプレー、そして阿部選手が目を引いた。

動きの精度が前節より上がっており、

女性ピヴォでは理想的な選手ではないだろうか。

ボールを奪取後には、他の選手がスペースに走り込みチャンスが生まれる。お互いの信頼があるチーム。


2位『H.Sアリアンサ』

3勝1敗で2位。勝ち点15にし、この時点で前シーズンを上回る。

新人杉原選手はテクニカルな選手で、ゴール前での落ち着きが素晴らしい。

最終戦「エスポワールL」から勝ち点を奪い取っていれば、

わずかに優勝の可能性も残されていたが…

ゴール前の混戦から佐藤選手が右隅へ打ち抜く!
振りがテべス並みに早かった!


3位『コラージェン』

まさかの3連敗…メンバーが少なかったのが1つの原因だろう。

松下選手、佐藤選手らの奮闘で失点は少なかったが、

ゴールが遠かった。残り試合が多いので2位は狙える!


4位『スマイル長野A』

見ていて楽しいプレーが多く、ベンチ含めチームの雰囲気も良かった。

中盤では新人の丹野選手や今野選手がトリッキーなプレーで観客を沸かせる。

大黒柱の能戸選手は「コラージェン」戦で角度のないところから天井に

無慈悲なゴールををたたき込んでいた。ゴラッソ!

能戸選手の見事な股抜き。時が一瞬止まったようだった。


5位『フォレストピース』

「パンディアーニ札幌」に勝利し勝ち点3を奪取。

中山選手がボールをキープできるのでチームが落ち着いており、

以前より繋ぐサッカーをするようになったと思う。


6位『パンディアーニ札幌』

「コラージェン」相手に2-0の勝利!

新人神保選手からのパスを石坂選手が振りぬきIFリーグ初ゴール!

金澤選手が追加点を決め、目標勝ち点3は奪取!

「まぁとりあえず良かったっす。」(久守監督)最終節まで降格争いは続く。


「H.Sアリアンサ」VS「フォレストピース」

「H.Sアリアンサ」杉原選手の相手のミスを見逃さず流し込む。

ゴール前の落ち着きに注目。


「スマイル長野A」VS「フォレストピース」

DIVISION1のチームはコートを広く使えないと勝てない。



さて脱線しますがへディス(Headis)というスポーツをご存じでしょうか?

今じんわり世界で広がっています。ヘディングと卓球を合わせたスポーツです。

色物と思わないで下さい(笑)結構面白そうです!

日本に上陸したばかりのスポーツですが…

今始めたらメッシよりきっと上手いですよ!

ライフテンダー札幌 高橋 毅


DIVISION2

1位『フットマンドブレインすみれ』 勝点13・3勝1敗4分・得失点+5

6名の選手がそれぞれ活躍し、首位に立つ。


2位『アスカドール』 勝点12・3勝2敗3分・得失点+1

攻守にわたり他の選手も活躍したが勝点が伸びず、変わらずの順位となった。


3位『エスポワールS』 勝点11・3勝2敗2分・得失点+1

前節と同様なメンバー構成で挑むが、残念ながら少し順位を下げた。


4位『アスカラーダ』 勝点10・3勝3敗1分・-2

前節最下位から今節3連勝し、上位に浮上した。


5位『スマイル長野B』 勝点7・1勝2敗4分・-2

中々いい試合運びだったが、勝点が上がらなかった。


6位『ライフテンダー札幌』 勝点5・1勝4敗2分け・-3

何度かゴールを狙っていたが、惜しい試合が多かった。

『フットマンドブレインすみれ』VS『エスポワールS』
2-0で勝利、清原選手が2得点挙げた試合


スプリングステージ第二節は『フットマンドブレインすみれ』が

勝点を挙げ首位を奪い取った。

残り2試合DIVISION1に昇格する可能性が高い。

2位『アスカドール』は残り2試合、

3位『エスポワールS』との直接対決が注目される。

4位『アスカラーダ』が前節最下位だったが上昇し、

次節残り3試合で勝ち続ければ入替戦の可能性が見える?

『スマイル長野B』、『ライフテンダー札幌』は

どこまで上位のチームをかき乱すかが見所の一つ。


そして『ライフテンダー札幌』次節は、

会場にある「クリスタルジョジョー」で昼食レクの予定しており、

サポーターの数は多いがいつもよりお腹が2割増しでプレーするのも注目だ。

ライフテンダー札幌 林 幸文