スプリングシーズン
終了

2017/05/25

告知

・IFリーグはオープンな環境ですので、メディアの方がいらっしゃる

事もあります。皆さんご協力お願いします。


この日は北海道新聞の記者の方が来られました。

6月5日(月)のパラスポーツ@北海道コーナーに

IFリーグが載る予定です!


・第8回北海道チャンピオンズカップが6月24日(土)に開催

されます! 締め切りは5月末までですのでお気を付け下さい。


・日本ソーシャルフットボール協会のチーム登録制が始まりました。

フットサルを通し、色んな人達と繋がれるチャンスだと思います。

興味のあるチームは参加お願いします。

http://jsfa-official.jp/entry/entry.html


さてこの日の午前中。私が所属する『ライフテンダー札幌』は

カレーバイキングレクでした。

場所は蹴に隣接する「クリスタルジョジョ栄町店」。

『ウチのスタッフ。1つにまとめるの上手いなぁ。』などと感心しながら

食べていましたが、ちゃんと早めに終わりアップもしていたので、

安心しました。

カレーパワーは発揮されたのか?


さて優勝チームは前節決まっているが、新選手の入ったチームの

成熟具合や降格争いにも注目していた。


DIVISION1

優勝『エスポワールL』

この日も2連勝。3連覇に花を添えた。そして史上初の全勝優勝達成!

無敗での優勝は2012年度の『スマイル長野A』など数回あったが、

引き分けなしは初めて。

組織が良いのは以前からだが、個人技でも勝負できる選手が増えた。

自身が持つ7連覇、そして…巨人軍のV9、

内村航平の全日本10連覇を超えられるか?

風神雷神のような『コラージェン』ディフェンス
ズドン!菅原選手が見事打ち抜く!ゴラッソ!


2位『H.Sアリアンサ』

シーズン序盤は勝ち点が伸びなかったが、最終的には2位フィニッシュ。

確かなディフェンスを土台にしてきたチームだが、

杉原選手のドリブルはゴールに直結するので、

ボールがこぼれても、他の選手が押し込むシーンが増えた。

2位に入った『アリアンサ』
杉原選手、久守選手のマッチアップは熱かった。


3位『コラージェン』

ここ2シーズン続いた2位からワンランクダウン。

どんなに攻め込まれてもディフェンスが慌てない。

ストロングポイントがあるのが素晴らしいと思う。


4位『スマイル長野A』

2016年度の順位は3→3→4→3。

安定しているがもう一歩上に行きたいところ。

経験あるチームなので劣勢でもチームが混乱しないのは

『コラージェン』と似ている。

能戸選手のミドル。シュート前のフェイントも見事。


5位『パンディアーニ札幌』

『フォレストピース』戦で「1-0」の薄氷の勝利。

浮き球を金澤選手が思い切り足を伸ばしゴール!

結果的に5位を確定させるプレーになった。

あのつま先…日韓WCの鈴木隆行を彷彿とさせるゴラッソだった。

又、新人T選手が広いエリアをカバーリング。

攻撃の選手がやりやすそうだった。


6位『フォレストピース』

惜しくも降格。しかしDIVISION1初挑戦で勝ち点5を奪取したのは見事。

この日も2分けで上位チーム相手に奮闘。

最終戦「スマイル長野A」相手にあと数分守り切れれば5位だったが…

惜しかった。

この日は若干ディフェンシブに感じたが、

意図してそうしていたのだろうか。


やはり人数を揃えられる(そういう努力をしている)チームが

安定して強いが、それぞれ事情があるので困難なチームもある。

スタッフが人数を揃える努力をしているのも私は見ている。

そんな中、笑顔で皆戦っている。

他チームの選手同士も仲が良さそうで成熟されたリーグになったと思う。


プレーに関して言うと、

広いコートなので個人のスピードが速いだけでは止められる。

勝敗に関していうとゴールへのアプローチが明確なチームはやはり強い。


あと私のカメラで珍プレー的なものが撮れなくなった(笑)。

これは皆の技術が進歩したからだろう。

たまにはイギータのスコーピオンみたいなのも見たいが危険だろうか(笑)

ライフテンダー札幌 高橋 毅


DIVISION2

1位『アスカラーダ』 勝点16/5勝4敗1分/得失点-1

今節3試合あり2勝1敗で前節3位から順位を挙げ

3ステージぶりに優勝を果たしました。〈祝〉

今回のメンバー構成はスタッフ入らないで優勝したものも大きかった。

「アスカラーダ」VS「フットマンドブレインすみれ」1-0で勝利


2位『エスポワールS』 勝点15/4勝3敗3分/失点+1

メンバー構成は変らず、1勝1敗1分けで順位を一つ挙げました。

サマーステージは上位を狙って欲しい。(入替戦の詳細はのちほど)


3位『ライフテンダー札幌』 勝点14/4勝4敗2分/得失点+2

メンバーが久しぶりに全員揃って3連勝挙げ、

前節最下位だったが3位まで浮上した。

試合中に声を出ている選手が多くなり、

このまま現状維持を保って行けば上位を目指せます。

「ライフテンダー札幌」VS「アスカラーダ」2-1で勝利した


4位『フットマンドブレインすみれ』 勝点13/3勝3勝4分/得失点+3

前節首位だったのが2敗し順位落とし4位といった結果。

復帰してきたメンバーもいたが、組織的に攻めきれなかったのも原因の一つ。


5位『アスカドール』 勝点13/3勝3敗4分/得失点-2

前節2位だったのが5位終わってしまった。

市場選手が加わったが、今節の試合は1敗1分けで勝点が伸びなかった。


6位『スマイル長野B』勝点10/2勝4敗4分/得失点-3

今節1勝2敗で終わり最下位となった。

ここ数ステージで低迷し続けている、

どうした〈スマイル長野B〉もう少し頑張れ!(笑)


Division2のスプリングステージ最終結果1~5位のチームは

勝点わずか3点差の試合になっていた。

毎回、ステージごとに何かが起きるかもしれない展開になります。

ライフテンダー札幌 林 幸文

入れ替え戦

『パンディアーニ札幌』VS『エスポワールS』

井上選手と堤選手のマッチアップ。
W選手に縦パスが入りチャンスが生まれたシーン。

くしくも前シーズンと同じ組み合わせであった。

さらに『パンディアーニ』にいたっては3シーズン連続入れ替え戦である!


一方『エスポワールS』は選手5人のうち女性が1人。

やや不利と思われるが慣れたコートで勝利できるか。


序盤は狭いコート特有の、縦に速い攻防が繰り広げられる。


そして開始約3分、船木選手がやや遠めから決める。

『エスポワールS』 先制!



反撃したい『パンディアーニ』。しかし石坂選手らのシュートは

守護神坂口選手に弾かれる。

動きはややゆっくりだがポジショニングが良く、ハイボールに強い名手。

しかしまだこの男が居た。入れ替え戦の鬼、堤選手。

立て続けにグラウンダーのゴールを2点決める。

特に1点目。右サイドから、するっと左に移動。

T選手からのパスをダイレクトで決めたゴールはゴラッソだった!


『パンディアーニ』2-1で逆転。


しかし追いすがる『エスポワールS』。小向選手の熱い声援が響き渡る中

佐藤選手、葛西選手らが奮闘…

少しずつゴールに近づいてるなと感じていた終了間際


W選手(9)がトゥーキックを決め同点! そのままタイムアップ



勝負はPK戦にもつれ込んだが…3―2で

『パンディアーニ札幌』が勝利。

見事3シーズン連続の残留を決める。


堤選手はこれで入れ替え戦得点王の5得点目。


ちなみにその間、味方も敵も他に得点したプレーヤは居ない…なんか怖い。

縦に速い香車を思わせるプレーはこのコートに合っているのだろう。


勝利した久守監督『もう2度と入れ替え戦はやりたくない。怖すぎです』

毎シーズン言っているが、はたして来期はどうなるか??

川岸選手『連覇を目指します!リーグの発展に貢献していきたい。』
市場選手「楽しみながらプレーする」をスローガンとして活躍したい。



さて今回は最終節という事もあり長くなりましたが、

来月はもう少しコンパクトにしようと思います(笑)

良いひと月をお過ごし下さい。

ライフテンダー札幌 高橋 毅