『H.Sアリアンサ』
逆転優勝!!
サマーステージを制覇、
『エスポワールL』の
連覇を阻止

2017/08/23

DIVISION1

優勝 『H.Sアリアンサ』

6月に行われた北海道チャンピオンズカップ優勝等、以来好調をキープしている

今節第28試合『エスポワールL』との直接対決

『H.Sアリアンサ』は引き分けも許されない中で

『3-0』と勝利し優勝を決めた

しかも、サマーステージは無敗で制し、しばらくはDIVISION1で赤黒が旋風を

起こしそうな予感がする


2位『エスポワールL』

4連覇はならなかったが、9か月間無敗記録など、いままでの功績は見事。

若干メンバーの変更はあるものの順位が安定している

第28試合『エスポワールL』との直接対決、
3-0で『H.Sアリアンサ』が勝利し優勝を決める


3位『コラージェン』

4位『スマイル長野A』

共に勝点13で並んだが得失点の差で上記の順位に、若干上位チームとの勝点は

開いてしまう結果に、しかし両チームとも試合内容をみても上位チームとの

レベル差は結果ほど開いていない様にみえるが、

今後は試合の終わらせ方が上位進出のカギになる。

オータムステージ上位を狙う両チーム
※最終節は直接対決が無かった為、画像はサマーステージ第3試合を使用


5位『アスカラーダ』

過去に昇格・降格を繰り返していたが、今回は入れ替え戦でも勝利し

DIVISION1残留

今までは速攻主体の攻撃が目立っていたが、

今回はボールをキープしながらの展開も見せた


6位『パンディアーニ札幌』

最終節は定員に満たず不戦敗もありこの順位、次のステージはDIVISION2へ



サマーステージを振りかえると『H.Sアリアンサ』『エスポワールL』

共に7勝で勝ち試合は同じ、勝ち以外の3試合で『エスポワールL』は1分2敗

『H.Sアリアンサ』は3分となっている、上記にも書いたがリーグ戦の性質上、

試合の終わらせ方が一番巧いチームが順位に反映してくる、オータムステージは

勝ち負けも勿論だが、試合の終わらせ方にも注目していきたい。



DIVISION2 サマーステージ最終節

まずは前節までの順位は下記の様になっている

1位『フォレストピース』   

2位『アスカドール』     

3位『ライフテンダー札幌』  


注目試合は『ライフテンダー札幌』が上位2チームと直接対決、結果は連敗で

順位の変動はなかった。そこで、有利に立ったのが「フォレストピース」

なぜなら、お盆明けで各チームに人数不足等があり、不戦勝もあり勝点を上乗せ

その結果、優勝チームは『フォレストピース』が2度目の昇格

「フォレストピース」VS「ライフテンダー札幌」
深坂選手が2ゴールを挙げ、2-0で勝利
「ライフテンダー札幌」VS「スマイル長野B」
3-1で勝利


最終順位はこちら

1位『フォレストピース』      勝点22/7勝2敗1分/+18

2位『アスカドール』        勝点20/5勝0敗5分/+ 9

3位『ライフテンダー札幌』     勝点17/5勝3敗2分/+ 6

4位『スマイル長野B』       勝点 9/2勝5敗3分/- 3

5位『フットマンドブレインすみれ』 勝点 9/2勝5敗3分/- 3

6位『エスポワールL』       勝点 5/1勝7敗2分/- 27

※4位『スマイル長野B』と5位『フットマンドブレインすみれ』は
 『スマイル長野B』が総得点が多かったので4位になりました。



オータムステージはどこのチームが優勝するか分からないが、

何かが起きても面白い展開になりそうだ


入れ替え戦

「アスカラーダ」VS「ライフテンダー札幌」

※2位『アスカドール』は人数不足により3位『ライフテンダー札幌』が繰り上げ


試合開始2分過ぎに「アスカラーダ」の阿部選手が先制点を挙げ、

それからカウンター攻撃をしながら守った。

その分「ライフテンダー札幌」は攻めきれず、

そのまま試合は終わり1-0で勝利。

『アスカラーダ』の残留が決定した。


優勝おめでとう

『H.Sアリアンサ』DIVISION1優勝
主将阿部選手「2冠達成したのが嬉しかった」
『フォレストピース』DIVISION2優勝
主将吾孫子選手「色々新しい風が吹いている」
前々節のリベンジで残留を狙う