オータムステージ中盤戦

2015/10/26

去る10月3日、名古屋にて「第1回ソーシャルフットボール全国大会」が開催されました。
『リベルダージ北海道』はあのサッカー王国である静岡のチームに見事勝利するも、惜しくも予選敗退。選手の皆さんお疲れ様でした!

詳細は下記のサイトからお調べ下さい。
NPO法人日本ソーシャルフットボール協会(JSFA)
http://jsfa-official.jp

さてこの日は約2年半ぶりに私もリーグに参加しました。今回は参戦記事を書こうと思っていましたが…足がもつれる、息が続かない…距離を取ってディフェンスをやるのに精いっぱいでした。…出直してきます!

DIVISION1

3位発進の「エスポワールL」が4勝1分で首位を奪取!

2位の「スマイル長野A」は相性の良くない「エスポワールL」に連敗。
しかし能戸選手が「H.Sアリアンサ」戦で決めた、左足ミドルはスーパーゴラッソ!

その「H.Sアリアンサ」は3位。上位2チームとの対戦を残しており、優勝の可能性も残す。最近加入した吉岡選手もゴールを決めた。

4位「コラージェン」は2期連続の入れ替え戦が濃厚な状況だ。

5位「アスカラ―ダ」。
今節は「エスポワールL」相手に2得点を決める。厳しい状況だが頑張ってほしい。

「エスポワールL」竹内選手。
フォームが本当に綺麗
「コラージェン」エミ選手のガッツ溢れるプレー

DIVISION2

「エスサッポロ」が4連勝でダントツの首位。前節から8連勝で勝ち点24。
最終節30失点くらい限り、昇格は間違いない。

2位に「アスカドール」。勝ち点9を積み上げた。
3位「スマイル長野B」
今節は動きが良いように見えた。ドリブルの成功率が高かったような気がする。

4位「ライフテンダー札幌」
3連敗。実は私が途中出場してからは失点はなかった(笑)

5位「フットブレインすみれ」。勝ち点5で健闘中。
菊田選手がフィクソの位置でどっしり構え、ピボも良い動きをしていた。

6位「エスポワールS」
苦戦中。最後の精度に難がある。



これぞ本当の攻めるゴレイロ。
「アスカドール」吉田選手
「ふっとブレインすみれ」
前線の要、清原選手と大倉選手。

さてこの日の初戦に向けて、「ライフテンダー札幌」はミーティングを行い、綿密に打ち合わせをした。
そう…あの強豪「エスサッポロ」に勝ちたい…その一心で。

すべては勝利の為に…
「DIVISION1」こそが我々の居場所…

佐賀選手をワントップに守備的なポジションに3人を配置。
新たなフォーメーションで挑む。

小野選手と佐賀選手のマッチアップ!

結果から言うと「0-4」で完敗!
全得点を違う選手に取られ、いいようにやられてしまう

先日亡くなられた、日本サッカーの父デットマール・クラマー氏は言っていた。
「上達に近道などない。そこには不断の努力があるだけである」と。


相手の流動的なポジショニングに対し、上手くプレスがかからなかった。

「エスサッポロ」はフィクソ管野選手を中心に、自陣深い位置からロングシュートも狙う。
ゴールできなくてもプレーを切り、休息を取る作戦だ。

実力差もあるが今回は作戦面でも負けていたような気がする。

さてこの日は、「スマイル長野B」の藤本選手が「エスポワールS」戦で2ゴールを決めた。65歳でのゴールはIFリーグ記録だと推測される。

試合直後の所をパシャリ。
「楢木さんから良いボールが来たから」と謙虚に答えられた。

試合直後の一枚
前線で良い動きをされてます。







さて来月は最終節。雪が今年は早いようですが、怪我などに気をつけて下さい。

高橋毅(ライフテンダー札幌所属)