2016/08/18

『H.Sアリアンサ』 初制覇!!

ついに歴史は動いた!!

ちょいと大げさかもしれないが、それぐらい凄い事なんです。


〈Division 1〉

まずは『H.Sアリアンサ』の健闘を称えたい、エスポワールLの連覇は『7』で終了した


まずは前ステージまでの順位のおさらい

1位『エスポワールL』  勝点16 得失点+18 残り試合2

2位『H.Sアリアンサ』  勝点16 得失点+13 残り試合3

3位『コラージェン』   勝点16 得失点+11 残り試合2

4位『スマイル長野A』  勝点13 得失点+ 3 残り試合3

5位『フットマンドブレインすみれ』 6位『スマイル長野B』


データ的にも残り試合が多い、2位『H.Sアリアンサ』が有利である

サマーステージ最終節… 勝負の行方は!!


第23試合『スマイル長野A』 3-0 『スマイル長野B』

1位『エスポワールL』  勝点16 得失点+18 残り試合2

2位『H.Sアリアンサ』  勝点16 得失点+13 残り試合3

3位『コラージェン』   勝点16 得失点+11 残り試合2

4位『スマイル長野A』  勝点16 得失点+ 6 残り試合2

この時点、勝点で4チームが並び、絵に描いたような混戦


第24試合『H.Sアリアンサ』 4-0 『フットマンドブレインすみれ』

1位『H.Sアリアンサ』  勝点19 得失点+18 残り試合2

2位『エスポワールL』  勝点16 得失点+17 残り試合2

3位『コラージェン』   勝点16 得失点+11 残り試合2

4位『スマイル長野A』  勝点16 得失点+ 6 残り試合2

全チーム残り2試合で『H.Sアリアンサ』が頭ひとつ出る


第25試合『エスポワールL』 1-1 『スマイル長野A』

1位『H.Sアリアンサ』  勝点19 得失点+18 残り試合2

2位『エスポワールL』  勝点17 得失点+18 残り試合1

3位『スマイル長野A』  勝点17 得失点+ 6 残り試合1

4位『コラージェン』   勝点16 得失点+11 残り試合2

上位チーム同士の対戦でドロー、両チーム痛み分け


第26試合『H.Sアリアンサ』 1-0 『コラージェン』

1位『H.Sアリアンサ』  勝点22 得失点+18 残り試合1

2位『エスポワールL』  勝点17 得失点+18 残り試合1

3位『スマイル長野A』  勝点17 得失点+ 6 残り試合1

4位『コラージェン』   勝点16 得失点+10 残り試合1


『H.Sアリアンサ』深坂選手が右サイドを駆け上がり、右足を振りぬいたシュートは相手ゴレイロの手を吹き飛ばし見事ゴール(本人談:多少話は盛ってありますのでご了承下さい)試合はそのまま終了…。

『H.Sアリアンサ』の勝利。『H.Sアリアンサ』は『エスポワールL』との直接対決を前にしてIFリーグ初優勝を決めた!!

最終的に

1位『H.Sアリアンサ』  勝点22 得失点+17

2位『エスポワールL』  勝点20 得失点+19

3位『スマイル長野A』  勝点20 得失点+ 8

4位『コラージェン』   勝点19 得失点+13

どこが優勝してもおかしくないサマーステージ、どのチームの選手も、蒸し暑い中もの凄く動き頑張っていた。

『フットマンドブレインすみれ』もDivision 1で初勝利をした

『スマイル長野B』は苦戦が続きオータムステージよりDivision 2へ

混戦を制した『H.Sアリアンサ』
D1は来ステージも注目


〈Division 2〉

前評判では『パンディアーニ札幌』の圧勝かと思ったが、『パンディアーニ札幌』の独走を許さなかったのが『アスカラーダ』

『パンディアーニ札幌』はDivision 1でも経験豊富なチーム、ゲーム展開も落 ち着いていて『アスカラーダ』『アスカラーダ』以外の対戦では失点すらなく、Divis ion 1へ復帰を決めた

2位『アスカラーダ』は良く走り、良く声も出ている、入れ替え戦の詳細は後程

3位『アスカラーダ』は『パンディアーニ札幌』に唯一勝利したチーム

『なかまの杜』も順位こそ4位だが、上位に食い込める実力はある

『ライフテンダー札幌』はドロー試合が多く勝ちきれない試合で5位、

『エスポワールS』は勝利数は上位チームと変わらないが、『ライフテンダー札幌』とは逆でドロー試合が全く勝点を上乗せ出来なかった。

安定した戦いの『パンディアーニ札幌』
アスカ対決はいろんな意味で見応え満載


入れ替え戦

『フットマンドブレインすみれ』 VS 『アスカラーダ』

入れ替え戦を見ていて、『おもしろいゲームだな…。』と思うゲームだった。

試合結果は0-0のスコアレスドローだったが、両チームとも攻守の入れ替わりが激しく『フットマンドブレインすみれ』はゴレイロの古川選手までがシュートを打ったりする展開だった

『アスカラーダ』の平均年齢が20代、『フットマンドブレインすみれ』は40代(違っていたらすいません:笑)ベテラン世代ががんばっている姿は少し目が熱くなる、PK戦までもつれた試合

最後は『アスカラーダ』ではベテラン世代のゴレイロ中島選手が決めて『アスカラーダ』がオータムステージ、Division 1に返り咲く!!

白熱した入れ替え戦
このPKが決まり『アスカラーダ』D1へ


『エスポワールL』が連覇できなかった原因は何故だろうか…。

今回はきっと選手間には問題は見つからず、理由を考えてみたところ、石金病院スタッフS氏、この日はいくつなく動きやすい格好で全力応援モードだと思ったのだが、理由を聞けば自身が出場する北海道マラソンに向けての入念なストレッチ目的との事、やはりチームは一体感が欠ければ勝利は難しい。

そこで何よりも一体感を大事にする後輩スタッフT氏、試合前に井上先生からもお話があった。

リベルタージ応援Tシャツ…。一部噂ではT氏が一人で、SSサイズから3Lサイズまでの全サイズを購入すればチームとして、いや北海道として相当な一体感が出るはずだ!!(初回の注文は8/19で終了しましたが今後も発売があるかもしれないので、詳しくは井上先生まで)

写真手前やる気満点S氏 写真奥T氏
応援TシャツサイズはSS~3Lまで


さて、次回よりオータムステージ

『H.Sアリアンサ』が連覇するか、『エスポワールL』が王座を取り戻すのか

ただし『スマイル長野A』『コラージェン』も黙ってはいないはず

いずれにしても注目だ

『H.Sアリアンサ』IF初優勝
『パンディアーニ札幌』D1上位に食い込めるか!