3つ巴の戦い…
オータムステージ終了

2016/11/24

五輪にプロ野球に、スポーツに盛り上がった2016年も残り後ひと月。

IFリーグはこの日も盛り上がった。

DIVIDION1

試合前、優勝を争う3チームのキャプテンに話を聞いた。


『エスポワールL』竹内選手「2チームを破り、前回を超える8連覇を目指す!」

『H.Sアリアンサ』阿部選手「抜けた選手の穴は大きいが…全員でカバーする」

『コラージェン』エミ選手「とにかく勝つ!!」(ガッツポーズしながら)


みんな強気だ!さて…結果は


優勝 『エスポワールL』

3連勝で逆転優勝!覇権奪回!

選手達が同じ方向を向いていて、見ていて面白い試合をして尚且つ勝利した。

前節までと違うチームに感じた。


2位 『コラージェン』

1分1敗で2位。2度目の優勝はならず…

『エスポワールL』戦は前半押して居たが、相手の老獪なプレーにいなされた感じだ。


3位 『H.Sアリアンサ』

1分1敗で得失点差で3位。連覇ならず!主力選手が抜けた中、新しい選手も健闘。

菅野選手がサイドに流れロングパスを試みるなど新しい挑戦もしていた。


4位 『スマイル長野A』

2勝1分で勝ち点差1の4位。中原選手がこの日は前線でチームに良いリズムをもたらす。

高木選手のポジショニングが素晴らしく、ケーヒルのようなヘディングも決めていた。


5位 『パンディアーニ札幌』

3連勝して大量得点を挙げれば4位もある!!と臨むも返り討ちに合ってしまう…

ゲーム後半の失点が多いので、そこを改善して欲しい!


6位 『アスカラ―ダ』

この日は勝ち点1を挙げる。ミーティングをよくやっていて、やりたい事も見えるので好印象。

フィジカルで負けてしまう事が多い気がする。

渡辺選手のドリブルはタッチ数が多く、ボールが鳥餅のように足から離れない。
このシュートは阿部選手が防ぐも、榎本選手のゴールで『エスポワールL』の優勝が決まる。
最終節を盛り上げた『スマイル長野A』。新人の今野選手も健闘していた。

DIVIDION2

優勝 『フットマンドブレインすみれ』

最後の試合に勝っていれば、全勝パーフェクト優勝だったのに惜しかった!


さて、今回は各チーム、主将のコメントを戴きました。

そして、記者のウィンターステージの予想をさせてもらいます。



1位 『フットマインドすみれ』 

 わずか1年で2度目の昇格は凄すぎる! 

主将 石山選手「シンプルな3か月」と冷静な一言

 次節はDIVISION2と同様な戦い方を挑んでほしい。


2位 『ライフテンダー札幌』

主将 笠嶋選手「攻撃を重視、次節は2位狙い」の一言

 今節、入れ替え戦を経験し、あと一歩までDIVISION1のチームを追いつめた。

 次節はもっと攻撃を強くしたいですね。


3位 『チームなかまの杜』

主将 吾孫子選手「超攻撃的サッカーだが守備はあまい」の一言

 次節は守備力を重視すればもっと上位に上がる可能性【大】


4位 『スマイル長野B』

主将 志田選手「メンバーも増えて、チーム全体がまとまりつつある」

 次節は女性メンバーがキーポイントなるかもしれません。


5位 『エスポワールS』

主将 中井選手「楽しむコンセプクト」の一言

 次節もエンジョイフットサルで頑張ってもらいたいチームです。


6位 『アスカドール』

主将 市場選手「楽しみながら声を出し合う」の一言

 次節も吉田選手が筆頭になって楽しみながらプレーに期待だ。



最後に次節はどこのチームが優勝するか分からないが、前節2位『ライフテンダー札幌』、

3位『チームなかまの杜』も優勝の可能性は十分にありえます。

でも他のチームも注目しなければなりません。

なせなら、DIVISION2は毎月何かが起こる(笑…)。

入れ替え戦

『パンディアーニ札幌』VS『ライフテンダー札幌』


狭いコートの割に比較的つなぐプレーが多かった。

『ライフテンダー』は後藤(雅)選手、佐藤選手が相手キープレーヤー堤選手をマンマーク。

柴田監督の狙いが当たり、堤選手は苛立つ。

(やり辛くてやり辛くてしょうがなかったらしい笑)

又、笹島選手が左サイドで小野選手とマッチメイク。ボールをキープしチャンスを作り出す。

残り2分、笹島選手のCKからゴール前の混戦から後藤(利)選手が決める!

『ライフテンダー』先制!


事ここに至り…久守監督は止まった。

時間もない、相手の守備に穴が見えない…敗戦か…!俺は敗戦の指揮官になるのか…


しかし選手達は諦めない。

残り40秒。フィクソ石坂選手のサイドへの散らしから、堤選手がついに左サイドを突破!!


シュートは弾かれるもの、そのまま押し込み、同点に追いつく!


そのままPK戦へ…


『パンディアーニ』×○×

『ライフテンダー』×××


『パンディアーニ』の残留決定!


『ライフテンダー札幌』初の昇格は夢幻(ゆめまぼろし)と終わった…


試合後


久守監督『びびった。もうやりたくないっす。でもPK戦は自信があった』


柴田監督『敗因は、この私!!選手たちは最高のプレーをした。』

(選手の肩を抱きながら)

『はい上がろう「負けたことがある」というのが、いつか大きな財産になる』


ちなみに色々と試合を盛り上げた堤選手は

『こうなったらIFリーグのヒールに俺はなる!』と語っていた…

金澤選手の前に仁王立ちの笠島キャプテン。
後藤(利)選手のゴールは堤選手に弾かれる…」
DIVISON1優勝『エスポワールL』 この日大活躍の榎本選手『フットサル最高!』
DIVISION2優勝『フットマンドブレインすみれ』
石山選手『継続してDIVISION1に居たいです。』



さて、この記事がアップされている頃には、コンサドーレ札幌のJ2優勝も決まっているでしょう!


IFリーグは年齢高めの方、女性、経験のない方など色々な方が参加しています。

中にはフットサルにはまり、目を見張るほど成長を遂げている選手がいます。


自分が向上していくことは楽しいことですよね。

林幸文 高橋毅