Winter stage 第2節

2017/01/26

IFリーグに参加しているチームの皆さん、あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

DIVISION1

2連覇に最も近い『エスポワールL』が首位を守り、前節と同様に上位の変動は

ないが4位『H.Sアリアンサ』5位『パンディアーニ札幌』の順位が

入れ替わる。


今節は2位『コラージェン』は残り2試合、自力優勝の可能性は消滅

したが、第25試合『エスポワールL』対『H.Sアリアンサ』の試合で

『エスポワールL』が負けて第28試合『エスポワールL』対『コラージェン』

の直接対決で『コラージェン』が勝利すれば逆転になる。


つまり逆を言えば、第26試合『エスポワールL』が

勝利すれば、その時点で優勝が決まる。


3位『スマイル長野A』が残り2試合入れ替え戦も回避できそうだ。

4位『H.Sアリアンサ』5位『パンディアーニ札幌』も残り2試合あり、

どちらかのチームが入れ替え戦、両チームとも一つも落とせない試合が続く。


※『フットマンドブレインすみれ』定員割れのため、試合出場しますが、

不戦敗の扱いとなります。

また参加人数が増えて リーグを盛り上げてほしい
次節、パンディアーニは 入れ替え戦を回避できるか


Pick up

DIVISION1 第18試合

『H.Sアリアンサ』vs『スマイル長野A』


両チームとも攻守にわたり中々ゴールが奪えず、時間が過ぎ去ると共にわずかな

スキがうまれ『スマイル長野A』高木選手が決勝ゴールを挙げて1-0で

勝利した。

『H.Sアリアンサ』前々回のステージ優勝から今回のウインターステージ勝率が

あまりよくなかった。次回のスプリングステージに勢いが戻るか!

スマイル長野Aは この試合で勝った事により 入れ換え戦を回避

ライフテンダー札幌 林 幸文

DIVISION2

早速ですがDIVISION2の前節の順位と今節獲得した勝点を見てみよう。


前節1位『ライフテンダー札幌』 今節勝点 + 2

前節2位『スマイル長野B』   今節勝点 + 1

前節3位『アスカラーダ』    今節勝点 + 5

前節4位『チームなかまの杜』  今節勝点 + 4

前節5位『エスポワールS』   今節勝点 + 5

前節6位『アスカドール』    今節勝点 +12


上位2チームが勝点をあまり伸ばせず3位以下のチームが大きく勝点を

伸ばし今節の順位は


1位 『アスカドール』     勝点12

2位 『アスカラーダ』     勝点11

3位 『ライフテンダー札幌』  勝点10

4位 『エスポワールS』    勝点 9

5位 『チームなかまの杜』   勝点 9

6位 『スマイル長野B』    勝点 8


以上の結果に、『アスカドール』は3連敗からの4連勝、全盛期の

近鉄バッファローズ的な勝ち方で6位から見事首位に…。

2位『アスカラーダ』は安定した試合で順位を上げ、

前節1位『ライフテンダー札幌』と前節2位『スマイル長野B』は順位を下げ昇格

圏内から外れる。

『エスポワールS』も『ライフテンダー札幌』に勝利、『チームなかまの杜』も

『スマイル長野B』から勝利。

DIVISION2は首位から6位までの勝点わずか4差。

次回 Winter stage 最終節、どのチームが昇格するか全く予想がつかない。

アスカ対決でゴールを決める 吉田選手、『2017年は吉田の年』本人談(笑)
チームなかまの杜もいい選手が揃ってきた。ただいつまでチーム名が(仮)のまま行くのかも注目


Pick up

DIVISION2 第17試合

『エスポワールS』VS『ライフテンダー札幌』


先に結果を言うと、3-0で『エスポワールS』の勝利、『ライフテンダー札幌』

はボールキープもあまり出来ず内容でも結果でも見事に完敗。

試合前に石金病院スタッフS氏と会話をしていたのだが、

『うちのチームは結果なんて気にしないでエンジョイが第一です』

その言葉を信じていたのだが『エスポワールS』のメンバーはDIVISION1でプレー

している選手やリベルタージ北海道のキャプテンまで試合参加…。しかも

『とにかく明るい小向』選手が2得点。

私自身も途中から試合に参加していたが何度、心の中で

『圧倒的じゃないか…』と呟く。

きっとスタッフS氏はテスト前に全く勉強をしていないと言いながら、

満点を取るタイプに違いない…。

2得点を決めた『いつでも明るい小向』選手、2017年は彼女から目が離せない

ライフテンダー札幌 柴田 雅幸